実質年率の計算方法

アイフルの公式ホームページを見ると利息の部分に大きく、「実質年率」と書いてあるのがわかるかと思います。この実質年率の意味をちゃんと理解していますか?

利息は手数料

アイフルだけでなく、貸金業者は銀行などの大きなローンも含めて、必ず返済のときに利息が必要になります。利息とはお金を借りたときの手数料のようなもので、これが会社や銀行の儲けとなると言えます。利息は大きく分けると3種類に分かれています。1日にかかる日歩、ひと月にかかる月利、一年にかかる年利です。これらはすべて種類が違います。ただし、アイフルなどを利用する場合、まとめて借りたお金を数回に分割して返済することがほとんどです。この分割返済の場合、金利は借入金額の残金×金利×返す期間というように計算します。返済が終わっていない金額分に対して利息が月々かかるものです。これを残債方式と呼んでおり、この利息のかけ方を実質年率と呼ぶのです。

返済計画の立て方を工夫

返済期間によって利息を支払う回数が変わってくる実質年率の場合、アイフルを少しでもお得に使うには、返済期間を短くする、一度の返済額を少し大目にするという方法があります。ただし、無理な返済計画は目指さす、確実に返せる計画をきちんと立てることも非常に大切です。